浜松市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い発見などを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
ミスミはばらばらに注文してもまとめて送ってくれるようだ
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

     

    最近ミスミの通販を使うことが多いのだけど、送料をとらないみたいだ。

     

    そして、出荷日が同じものは、自動的にまとめる機能があるみたいで、いろいろ安心だったりする。

    他の通販だと、発注の決済が終わった後に追発注しても、別々の荷物になってしまい、送料もそれぞれかかる。

     

    これは、発注がかかった時点で、決済するのか、それとも掛けで決済するかの違いに起因してくるものだろう。

     

     

     

     

     

     

    | ビーコン菅原 | 部品調達 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ラズパイでシステム構築はありか?
    0

      JUGEMテーマ:組み込み開発

       

      RaspberryPi ですが、最近また盛り上がってきました。

      これは ラズパイ3になって 、値段はほとんどそのままで、能力が大幅アップしたことが大きい。インストールも楽になったし。

      初代ラズパイはさすがに動くけど遅かった。定期的なデータ収集などでは問題がなかったけど。

      ラズパイ3は、速いと思えないけど、UIも実用的な速さになった。

       

      で、最近流行の IoT でもラズパイで簡単構築みたいな記事が結構ある。

       

      まあ、簡単に構築できるのはいいとして、それからとりあえず デモンストレーションのために作ることに関しても、いいだろう。

      でも本システム構築するのはリスクが伴う。

      ラスパイってどんなものかと考えると、タブレットPC からLCDとバッテリーとケースを取っ払ったものと考えられる。

      タブレットもラズパイも安いけれど、これは旬のプロセッサはじめとして電子部品を大量調達で一気につくるからやすいのであって、生産は一時のものだ。 で、旬が過ぎれば、新たなプロセッサでラズパイ4とか 5とかどんどん進んでいくのだ。

       

      運用にはいったシステムでラズパイ3が使われたとして、万が一壊れてしまったも修理も代替品の調達も難しくなるだろう。

      だから長期間運用するものはやめておいたほうがよいと思う。 あるいは代替のラズパイ3を大量に準備するとか。。

      小さい基板上に高密度に部品を配置していて、CPUの熱もかなり高くなるので、耐久性も心配なところはある。

       

      お客様より「ラズパイつかって安くしてよー。」といわれたとしても、リスクをよく説明するのが大切かと思う。

       

       

      | ビーコン菅原 | RaspberryPi | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
      GAMEBUINO 入手した
      0

        秋月電子通商の新製品コーナーにあったのでジャケ買いしてしまいました。

        http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11624/

         

        LCDがNOKIA5110 で、ゲームをやるには少々狭いですが、そそられる外観です。

        ハードウェアは Arduino Uno と互換

        プロセッサは ATmega328 になります。

         

        GAMEBUINO

         

        実際にゲームをやってみると、キーが敏感すぎる感じがするし、フィーリングがいまいちな感じがします。それからSDカードの読み込みでしょうか、ゲームを切り替えたりするときの待ち時間がながいです。

        あと、本体のスピーカーだと音が小さすぎるのにイヤホンにするとどでかい音になります。

         

        しかしながら、組み込み者のガジェットとして、飲み会とかに持って行きたい感じです。

         

        Gamebuino

        あまり情報はない感じですが、

        http://gamebuino.com/

        ここに必要なものはまとめられている模様です。

         

        Gamebuino

        SDカードの読み込み中などに電源を落としたりすると、次回電源を入れても動作しなくなることがあります。

        そんなときには、電源OFF →Cボタンを押しながら 電源ON →おしたまま30秒ほど待つ

        と立ち上がってきます。

         

         

         

        JUGEMテーマ:組み込み開発

        | ビーコン菅原 | Arduino | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
        秋月AE_RX210基板のシリアルポート一覧
        0

          JUGEMテーマ:組み込み開発

           

          秋月の AE_RX210 基板の開発メモ

          TX 端子 RX 端子 備考
          SCI0 P21 CN1-15 P20 CN1-16 TXD0,RXD0はRS232Cレベルに変換
          SCI1 P26 CN1-10 P30 CN1-8 TXD1,RXD1はE1コネクタにも接続,USBシリアルと SW2-2,SW2-3ONで接続
          SCI1 P16 CN1-18 P15 CN1-19
          SCI5 PC3 CN1-37 PC2 CN1-38
          SCI5 PA4 CN3-14 PA3 CN3-15
          SCI6 P33 CN1-5 P32 CN1-6
          SCI6 PB1 CN3-9 PB0 CN3-10
          SCI8 PC7 CN1-33 PC6 CN1-34 PC7は起動時ブートモードを決定するので、注意
          SCI9 PB7 CN3-3 PB6 CN3-4
          SCI12 PE1 CN2-9 PE2 CN2-8 SCIdモジュール

           

          SCI5

          SCI6

          SCI8

          SCI9

          SCI12

          の5ポートはTTLレベルで

          SCI1は USBに接続して使う

          SCI0は RS232Cレベル

          というように考えればよいでしょう。

           

           

           

           

           

           

           

          | ビーコン菅原 | RXマイコン | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
          含有化学物質調査
          0

            JUGEMテーマ:組み込み開発

             

            最近、含有化学物質調査をする必要があり、いろいろなところに問い合わせをしています。

             

            http://www.jamp-info.com/dl

             

            ROHSの次はREACHとか、JAMPがはやっているのかなーという感想ですが、、10年くらい前からできているようですね。

             

            要は、人体や環境に悪影響と思われる物質を製品に含んでいないかどうか。含んでいる場合には、いくら含んでいるか。。

             

            すべての部品で正確に集計できれば、基板での含有量、はたまた製品での含有量なんかも正確に出るということで、

            JAMPはそういうの管理するために共通形式を作っているようです。

            基本的に、エクセルのテンプレート的なものがあり、それにしたがって入力すると、JAMPで推進している書式のXMLファイルができるようになっています。

             

            ただ環境調査依頼に対する対応は各社まちまちであり、必ずしも満足な資料がいただけないことも多い。各社対応で以下のように分かれる。

             

            Web上に部品のMDSがあって、ダウンロードできる。

             


            製品の仕様書に、物質の情報がちょっと載っている場合もある。

             

            Web上に部品には「有害化学物質は使っていません。」とかREACHはOKです的な宣言があったりする。

            部品でなく、その会社から販売しているすべての製品に関して保証している場合もある。

             

            さすがに何も触れていない会社はほとんどなかったけれど、本当に頭が下がるくらいきっちりとしている会社から、ざっくりしている会社までまちまちであった。意外とマイナーな部品メーカーのほうがきっちりやっていたりして、この対応も面白いものだ。

            一口に電子部品といっても、コイルとか抵抗みたいな単純なものから、DCDCコンバーターのモジュールみたいに、たくさんの部品が使われている複合部品もあるので、大変さもぜんぜん違ってくる。

             

            メーカーにしてみたら、原材料の仕入先が変わった場合に、微妙に含有量が変わったりすると、どうするんだ見たいな事もあり、なかなか及び腰というか、対応はいやだろうし、宣言するのもどうかというところもあるだろう。

             

            情報開示がなかったり不十分だったりするメーカーに連絡しても、仕入先から聞いてくれみたいなこともある。部品の仕入れは通販に頼っているところも多いが、通販各社の対応も微妙に違う。

             

            主な通販メーカーの対応状況

            digi-key  メーカーに連絡してくれる。

            chip1stop メーカーに連絡してくれる。

            rsコンポーネンツ 対応はしないとのこと

            秋月 知っていることを回答してくれるって感じ。メーカーに問い合わせなどはしなさそう。

             

            <2016年11月現在>

            問い合わせメールしたらどの会社もすぐに回答をくれて、無視とか、忘れているってことはなかった。

             

            こういうの調べても通販会社は基本的に無償対応だし、こちらも通販だと小口の取引が中心なので、あまり強いこともいえない。

             

            今後は共通書式やWeb上の公開手順の共通化がされて、簡単に集計できるようになるとを望みます。

            | ビーコン菅原 | 部品調達 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728    
            << February 2017 >>
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + つぶやき
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE