西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
FT232とRX231の組み合わせでちょっと速いシリアル通信をする
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

    RX231には USB機能が付いていて、ルネサスでもサンプルソースが公開されていて割と気軽にUSBはできたりする。

    で、結構速度も出る。

     

    だが、ルネサスのベンダーIDをそのまま使うわけにもいかないことと、いまいち、安定性がない(自分の感覚で)のであまり使いたくはない。

     

    そこで そんなに通信速度もいらない場合には FTDI社 FT232 系の ICを使って マイコンからシリアル通信をすることになる。

    普通のボーレートは 9600bpsとか 19200、速くても 115.2KBPSぐらいではないだろうか

     

    この前 460.8Kbpsで通信できたので、ちょっとメモしておく。

     

    FT232系のICでシリアル-USB変換するものは大抵 3Mbpsが最大通信速度となる。

    3MHzを分周した値が通信速度となる。

    PC側で 115.2K とか 9600BPS とか設定するのだが、一番近い通信速度が割り当てられる。

    例えばこんな感じで通信レートができる。

     

    1500000
    1000000
    750000
    600000
    500000
    428571.4286
    375000
    333333.3333
    300000
    272727.2727
    250000

    まだまだ続く

     

     

    これと RX231の通信レートを合わせると そこそこ速い通信速度で通信できる。

     

    230.4Kbpsとか 460.8Kbpsぐらいになるとプリスケーラでなんとかなる周波数ではなくなるので、

    あらかじめ その通信ができるようにクロックを決めてやらないといけない。

     

    RX231は PLLを搭載していて27MHz, 26.25Hz,25.5MHz,24MHz など メインクロックをかえられる。

    メインクロックから生成できる UARTの通信速度の組み合わせをエクセルの表にしてみて

    FTDIとRX231の各周波数が大体合うところを見つけ出す。

     

    この方法で 460.8Kbpsの通信に成功した。

    ただし、UARTの送信はともかく受信では取りこぼす可能性もあるので、RX232の送受信はDMAを使った。

     

     

     

     

     

    | ビーコン菅原 | Renesas RXマイコン | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
    西東京市に移転しました
    0

      このたび 東京都西東京市に生活と仕事の拠点を移動することとなりました。

      基本的に住んでいるところが変わるだけで、業務内容や活動は変化がありません。

       

      まだ、引越の様々な手続きでバタバタしています。

      ゴミの出し方とか車の運転とか小さいことでも戸惑うことは多いですね。

      時には住む場所を変えるのも良いことかと感じています。

       

       

      | ビーコン菅原 | 西東京市 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      ライトニングケーブルの充電電流を測定してみた
      0

        純正に近そうなライトニングケーブル(結構高かった)と
        おしゃれなライトニングケーブル(安売り)を購入した。
        せっかくなので、電流値を測定してみた。

        ちなみに二口あるACアダプタの上側は 2.4A
        下の口は 1.0A 。

         

         

        2.4Aの口に高い方のケーブルを挿し、充電の電流を見ると 1.5Aオーバー

         

        格好はいいが安いケーブルだと 0.74A

         

        そして先ほど 1.5A流れたケーブルを 1.0AのUSBの口にいれると、0.96Aしか流れない。

         

        ライトニングケーブルでは電流量を判断しているのは知っていたが、物によってずいぶん差がありそうだ。

        知らずに使ってみすみす充電時間が余計にかかってしまってはつまらない。

        USBの電流計は一つ購入しておくと良い。

         

         

        https://www.amazon.co.jp/COOWOO-USB%E9%9B%BB%E6%B5%81%E9%9B%BB%E5%9C%A7%E3%83%86%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-0-5-1A-%E6%80%A5%E9%80%9F%E5%85%85%E9%9B%BBQC2-0-iphone2-4A%E3%81%AA%E3%81%A9%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B01J74UUD6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1515416960&sr=8-1&keywords=USB%E9%9B%BB%E6%B5%81%E8%A8%88

        | ビーコン菅原 | 快適な作業 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
        USBケーブルの中には電圧がドロップするタイプのものがある。
        0

          JUGEMテーマ:コンピュータ

           

          先日 USBを電源として組み込み開発した。

          開発本体は無線機なんだけど、定期的に数百mAの電流を流しているみたい。

           

          で、無線の調子が悪いなーとおもっていたら、実は電源としていた電圧がドロップしていたことが分かった。

           

          電圧ドロップUSBケーブル

          この白いUSBケーブルはだめだった。

          代わりに別のUSBケーブルを入れたら、電圧のドロップもずいぶんと少なくなった。無線も絶好調だ。

          USBのケーブルの問題で 電圧ドロップ = USB装置がうまく動かないと言うこともあるんだなぁ

           

          参考になれば。

          | ビーコン菅原 | コンピュータ | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
          USB電圧電流計を二つつなげてみた。
          0

            USB装置を開発するときに、電流を知るのに便利なのが USBの電流電圧計。

             

            私は クリアのものを持っていたが、相棒は黒い色のものを最近購入したと。

            そこで、二つをつなげてその値を見てみた。

            接続したのはLED照明なので、ここで 0.5A流れている。見たところ、かなりの電圧の差がある。

            電流も違うなぁ。

            JUGEMテーマ:コンピュータ

             

             

             

            | ビーコン菅原 | コンピュータ | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << April 2018 >>
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + つぶやき
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE