西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
SSDはなぜ250Gなのか解った気がする
0

    最近 NAND型のFlashメモリをシステムに組み込むためいろいろ調べている。

     

    NAND型は大容量、リードライトが高速である利点があるが、反面エラービットの発生が多い。

    工場出荷時にあらかじめ不良のブロックは確認されているみたいだが、どうも使っているうちにエラーになるビットもあるようだ。

     

    不良のブロックは代替えのブロックに切り替えられるように、デバイス内部に登録できる。

     

    で、不良ブロックは全体の2%まで許容されていると仕様書に書いてあった。

    すると 256block で2%引くと 250.88blockとなる。

     

    SSDで 120Gとか 250G など なんで 128G/256Gじゃないのって思っていたけど、不良の分の2%を差し引いた値なんですな。

     

     

     

    | ビーコン菅原 | 部品調達 | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ノートPCクーラーに載せたらさらに下がった
    0

      http://blog.suga41.com/?eid=378

      で ノートPCの温度が劇的に下がった話をした。

       

      これで十分なんだけど、今日 ノートPCクーラーが来たのでせっかくなので載せてみた。

       

      今回はドスパラの 1000円くらいのヤツなんだけど USB端子から電源をとってファンを回すタイプ。

      https://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=2&br=157&sbr=523&ic=317358&ft=%23DEEPCOOL+N1&lf=1

      ファンを回さなくてもかなり熱を下げる感じだが、一応一番低速でファンを回している。

       

      これを入れたら 普通に 動画見ても 60℃は越えないようになった。

       

      | ビーコン菅原 | - | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
      効果抜群:ノートPCの清掃で過熱を収める
      0

        私はノートPC派なんだけど昨年から結構過熱を感じるようになった。

        冷却ファンの口がやばいぐらいに熱い。

         

        で、CPUの温度を測るガジェットアプリで計測してみたところ 普通に 100℃越えてる!

         

         

        やばいって思って、取りあえず、ノートPCクーラーを購入。

        これは明日来るのだけどそれまでは安全運転。熱くなりすぎたら休憩入れたり、ノートPCを低速モードにしたりしていた。

        これでも 75℃ぐらい。暑い日というのもあるのだけど、やっぱりもう古いからだめなのかな。。

         

         

        とおもったが せろりんね のyoutubeでたまたまノートパソコンの洗浄をやっていた。

         

        CPUのグリスを持っていたので早速洗浄とグリス替えをすることとした。

         

         

        排気口にやばいぐらいに埃がたまっている。

         

        取りあえず排気口の埃を掃除機やダスターを使って除去。

        次に冷却ファンにもついている埃をおなじく除去。幸いファンには異音がないのでまだまだ使えそうだ。

         

        で、次にはCPUのグリスを塗り替える。

        これには

        VersaPro VK26M/X-F の分解作業

        が役に立った。

        グリスは完全と言うわけではないがかなり干からびていた。

        これをアルコールなどで拭き取って、新しいグリースを塗った。

        これで ケースを元に戻して再実行。

         

         

        このような感じで 50℃〜60℃のあたりを行ったり来たり。

        いままでは、そのままだとどんどん上がって 100℃を越えて警告表示されていたが、全くそういうことが起こらなくなり、快適になった。また、いつかCPUが熱でやられるのではないかとビクビクしていたが、そういう心配もしなくても良くなった。

        排気口も全然熱くない。効率よくCPUの排熱が行われるのだろうか。

         

        まさか、こんなに効果があるとは。

        古いノートPCを使っている人は、冷却機構の清掃とCPUグリス交換を是非試してみてほしい。

         

        さて、せっかくノートPCのクーラーを買ってしまったが、この調子だと使わなくて済みそうだ。タイミングはいつもちょっとずれる。

         

        | ビーコン菅原 | コンピュータ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
        リチウムイオンポリマー電池のサイズと型番
        0

          LIPO電池 ・・ リチウムイオンポリマー電池 の型番と寸法について

           

          大体以下の規則に従っている模様。

           

          数字部分は6桁になっていて以下の寸法を表す。

          最初の2文字 厚み 0.1mm単位

          中の2文字 横幅 1mm単位

          最後の2文字 縦の長さ 1mm単位 (端子が付いている側)

          例えばこれは 401230 とあるので

          厚みが 4.0mm

          横幅 12mm

          縦の長さ 30mm

          となる。

          ただし LIPO電池は柔らかいので、曲がったりするし、包装もあるので、精度的には適当。

          | ビーコン菅原 | hardware | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
          MicroChipにUSBのサブライセンスを申請したらすぐに来た
          0

            JUGEMテーマ:組み込み開発

             

            とある事情があり、PICマイコンでUSBの開発案件で USBのサブライセンスを取ることとなった。

             

            このあたりは MicroChipのホームページに案内があるが、肝心の USBサブライセンス発行申請のURLがリンク切れ OTZ

             

            ちょっと調べたらこのURLであった。

            http://www.microchip.com/usblicensing/

             

            申請して 審査があり、一週間ぐらい待つのではと考えていた。

            しかし、申請したらすぐにメールで VID&PID の組み合わせの通知がきた。

            本当に審査しているのだろうか?

             

            PIC18F14K50 は外部の水晶振動子は必要だけど、USBの装置を作る場合には、相当安価にできる。

            USB装置を開発する場合、FT232等USBシリアルが一番開発が楽だけど、マイコンと FT232の組み合わせになる。

            でコスト的にも実装スペースにおいてもPIC18F14K50 が有利だ。

             

             

            | ビーコン菅原 | PICマイコン | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + つぶやき
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE