浜松市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い発見などを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
さくらのIoT Platform βの消費電流について
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

     

    先日さくらのIoT Platform を知ったので、早速さくらの通信モジュール(LTE)-β版 を購入してみた。

    https://iot.sakura.ad.jp/

    http://iot-store.sakura.ad.jp/items/4326125

     

    さくらの通信モジュールは、このモジュールにデータを渡すとインターネット等を介さずに、専用の通信網を使ってデータをクラウド上に上げてくれる仕組みとなる。

    サクラのクラウドとかそういうところにいきなりデータがある。その他 AWS等とも接続できるということ。

    組み込みで、一番面倒だったりするところを全部担当してくれて、こちらはこのモジュールと通信できれば IOT完成 ・・・という感じになるので大変ありがたい。普通は Wifiで飛ばしてみたいなところから始まり、セキュリティーはどうするとか、相手と接続の手順やら、結構めんどくさいことが山積みになってしまう。それなりにおおきなマイコンを積まないといけないとかなる。

    さくらのIoT Platformを使えば、そういうことも考えなくていいので、マイコンも小さなものですむというわけですな。

     

    で通信モジュール(LTE)は UART,SPI,I2Cの三種類の通信方法が用意されている。

    ここでは I2C 一択と考えてよさそうだ。

    いまは β版だけど、今後正式版ではUARTをサポートしないかもみたいなことがマニュアルに書いてある。

    SPIの場合、使用しているポートが 通信モジュール(LTE)のIOポートと兼用端子となってしまうので、ここを使うとI/Oが使えなくなってしまう。

    そんなわけで I2Cバスが一番の選択になる。

     

    Arduino のシールドも用意されている。

    http://iot-store.sakura.ad.jp/items/4350904

     

     

    Arduino のシールドではSAKURAのスケッチもサンプルとして提供されている。

    スケッチをダウンロードして動作させてみた。

     

    最初はサーバーと通信をして、プログラムの更新などするらしく、結構消費電流を食らうようだ。

    で、ArduinoのUSB端子だけを電源にすると、PCに拒絶されてしまった。

     

    おそらく、大電流が流れて、USBの保護回路的なものが働くのだろう。

    仕方がないので、Arduino に ACアダプタをつけて動かした。

     

    しばらく動作させた後に、ACアダプタをはずしてみたが、今度はPCに拒絶されることはなく動作する。

    ただし 、消費電流は安定するとなく、数秒単位で切り替わる。これはUSBの電流計のせいかも知れないけれど・・

    それから数十分すると 0.12A前後で安定するようになる。

     

    次回電源を入れたときも最初のうちは 350mAと120mAのあいだをしばらく行ったりきたりする。

     

    Arduinoの消費電流が だいたい 40mA程度なので、安定したら サクラ自体の消費電流は80mAぐらいになりそうだ。

    今後、正式リリース版になれば、 スリープモードもサポートされる模様だが、通信開始時に電流が流れ、マイコン側からは制御する術もなさそうなので、それなりに大容量の電源の確保が必要となる。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | ビーコン菅原 | Arduino | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    GAMEBUINO 入手した
    0

      秋月電子通商の新製品コーナーにあったのでジャケ買いしてしまいました。

      http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-11624/

       

      LCDがNOKIA5110 で、ゲームをやるには少々狭いですが、そそられる外観です。

      ハードウェアは Arduino Uno と互換

      プロセッサは ATmega328 になります。

       

      GAMEBUINO

       

      実際にゲームをやってみると、キーが敏感すぎる感じがするし、フィーリングがいまいちな感じがします。それからSDカードの読み込みでしょうか、ゲームを切り替えたりするときの待ち時間がながいです。

      あと、本体のスピーカーだと音が小さすぎるのにイヤホンにするとどでかい音になります。

       

      しかしながら、組み込み者のガジェットとして、飲み会とかに持って行きたい感じです。

       

      Gamebuino

      あまり情報はない感じですが、

      http://gamebuino.com/

      ここに必要なものはまとめられている模様です。

       

      Gamebuino

      SDカードの読み込み中などに電源を落としたりすると、次回電源を入れても動作しなくなることがあります。

      そんなときには、電源OFF →Cボタンを押しながら 電源ON →おしたまま30秒ほど待つ

      と立ち上がってきます。

       

       

       

      JUGEMテーマ:組み込み開発

      | ビーコン菅原 | Arduino | 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
      Arduinoで I2C LCD
      0

        おはようございます。ビーコン菅原です。

        先日購入した Arduinoでストロベリーリナックスの
        I2C・低電圧キャラクタ液晶モジュール(16x2行)型番 SB1602Bを動かしてみました。
        AruinoでI2CのLCDを動かす

        Arduinoでは 3.3Vを MAX50mA引き出せます。
        SB1602Bの液晶はの消費電力は 250uA。 I2Cバスで消費する分を合わせても全く問題ありません。
        普通のキャラクタLCDだと信号線として7本端子を消費しますが、このLCDだと信号線はSCLとSDAの2本だけですむのがナイスですね。

        ●I2C通信について
        ATmega168は PC5に SCL,PC4にSDA が割り付けられています。
        この端子をプルアップつきで接続し、公式ライブラリの Wire を用いると簡単にアクセスできます。
        オシロでSCL,SDAを観測したところ 100Kbpsで通信しています。


        Arduino_i2c接続クリックで拡大




        以下にソースコードを示します。

        続きを読む >>
        | ビーコン菅原 | Arduino | 05:53 | comments(3) | trackbacks(0) |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + つぶやき
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE