高田馬場の組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログは令和デバイス株式会社の菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。

組込開発、電子回路設計製作、試作開発など令和デバイス(株)で承ります。
http://reiwa-d.com

03-6908-6697
Failed to execute MI command からの復活
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

     

    NUCLEO-F411ボードにてFlashROM書き込みのファームを開発していたところ、以下のようなメッセージが出て STM32CubeIDE でデバッグも書きこもできなくなった。

     

    Launching ****** encounted a problem,

    Error in final launch sequence.

     

    Failed to execute MI command:

    load  パス・ファイル名

     

    Error message from debuger back end:

    Error finishing flash operation.

     

    STM32 Error

     

    この場合に STM32CubeProgrammerで実行ファイルを書き込むと復活する。

    どうしてそうなるのか詳細は調べていないけど、とりあえず、これで救われた。

     

    Stm32CubeProgrammer

     

    | 令和デバイス-菅原 | STMマイコン | 18:19 | comments(0) | - |
    Stbeeをatollic TrueSTUDIO でデバッグしてみた
    0
      こんにちは、ビーコンの菅原です。

      先日 atollicの統合開発環境をインストールしましたが、動かしてみました。

      ST-LINKでデバッグ中

      デバッグ中は ST-LINKの COMが点滅します。


      atollicのデバッグ画面

      New Projectのウィザードを進めていくと、あっさりプロジェクトができます。
      main.c は いろいろと丁寧に開発ボードですぐ動作するように、雛型がコメントアウトしている形式になっていました。

      STBeeでそんなのは関係なかったので、親切な雛型コメントは全削除。まずは main()のなかで適当に計算するだけの処理で実行してみました。
      RUN,ステップ、ブレーク、変数の中身をみる等一通りの機能を試しましたが、あまりにすんなりといきました。



      事あるごとに TrueSTUDIOが「お金払っていいやつにしようよ」と誘ってきますが、無視
      st3-1.png


      Eclipseベースなので、他で同様の開発環境を触ったことのある人であれば違和感なく使えるのではないかと思います。




      ちなみに僕はあんまり好きじゃなーい。
      | 令和デバイス-菅原 | STMマイコン | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
      atollic TrueSTUDIOをインストールする
      0
        こんにちは、ビーコンの菅原です。

        STBeeをST-LINKでデバッグするには atollicのTrueSTUDIOが手っ取り早そうです。


        st--.jpg
        ST-LINKの箱に同梱していたパンフレットがありました。


        atollicにアクセスします。
        http://www.atollic.com/
        st-2.png

        もちろん FREE DOWNLOAD で

        st-3.png
        STM32用があるので、 FREE DOWNLOAD をポチ

        st-4.png
        いろいろと出ますが Free download をぽち

        インストーラーがダウンロードされますので、実行します。実行していいのかとかいろいろと警告が出てきますがスルー。

        st-5.png

        インストーラーを進めていくと、認証手続きがあります。

        st-6.png
        認証コードを入れてくれとなります。
        Web上でメールアドレスなどの情報を入力します。


        st-7.png
        入力完了!

        st-8.png


        入力したメールアドレスに認証コードを発行しますので、それをコピペして、入力欄に貼り付けます。

        st-9.png


        これで完了となります。
        | 令和デバイス-菅原 | STMマイコン | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + つぶやき
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE