浜松市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い発見などを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
PIC18F14X50のパッドの処理について
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

     

    PIC18F14X50 で最近 QFNパッケージが出たようだ。

    4mm*4mmサイズなので、大変小さい実装面積となり、重宝しそうだ。

     

    ここで問題なのは底面のパッド。

    ここでは エクスポーズパッド (Expsed Pad)と表現されている。このパッドをどうするか、仕様書にも書いていない。

     

     

    マイクロチップのフォーラムで

    http://www.picbasic.co.uk/forum/showthread.php?t=19477

     

    はこのような記述がある。

    *** AUTOMATED MESSAGE - SEE RESPONSE METHODS BELOW ****
    Below is a proposed resolution from Microchip Engineering Support Team for your Ticket xxx
    Area : PIC® Microcontrollers
    Product Group: S16FHP
    Product : PIC16F883
    ds wrote >>>
    Problem Description:
    The data sheet for this part does not explicitly say what to do with the exposed pad on the QFN packages
    The exposed pad is not shown in the pin list
    I know that by convention these are generally grounded for thermal and / or electrical reasons but the data sheet really should say something
    My questions are these:
    1] May i leave the exposed pad unconnected ?
    2] Is the exposed pad internally connected ?
    3] Are there any mandatory mechanical or thermal reasons to connect it when there is no expected power dissipation much above quiescent operating ?
    thank you
    ds
    <<< end ds

    Problem Resolution:
    Hello Dennis,

    Unless otherwise specified in the datasheet, you may connect the exposed pad to ground, or leave it floating, but it may not be connected to any other signals or potentials.
    See
    http://support2.microchip.com/KBSear...=SQ6UJ9A00I7WF
    Regards,
    Nicu
    Reply With Quote Reply With Quote

     

    どうやら フロートにするかまたはVSSに接続してくださいと言うことだが、なんとも気持ちが悪い。

     

    PICmicom_ura

    デバイスを入手して、パッドと端子の導通をテスターで確認してみた。

    結果はどこも導通していなかった。

     

    底面のパッドは放熱対策だったりノイズだったりだけと、ここでのパッドはICの固定が主目的なのかもしれない。

     

    | ビーコン菅原 | PICマイコン | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
    PIC18FをCCSで開発した感想
    0
      JUGEMテーマ:組み込み開発

      PIC18FをCCSで開発する機会があったので、書いておきます。

      これはあちこちでもいわれていることだと思うので、全て既出でしょうけど。
      CCSの問題だったりPICの問題だったりといろいろですが、こんな感じでした。

      ◆分割コンパイルができない
      複数のソースファイルが存在する場合には、全部インクルードしなくてはなりません。統合環境としてMPLABを用いましたが、ソースファイルがツリー上に見えないので、難儀しました。PCの性能が上がってコンパイル時間が問題になることはないです。

      ◆外部バス遅すぎ
      PICマイコンで外部バスを使うのはほとんど無いし、外部バスがあるPICマイコン自体希少価値なのですが、遅いということと、256バイトの壁があるので、使えないことは無い。というレベルですね。H8とか、普通のバスが出ているマイコンの感覚でいると痛い目にあいます。

      ◆微妙に便利な関数がたくさん用意されている。
      ペリフェラルの詳細を見なくてもとりあえず用意されている便利な関数を使うと、簡単に目的を達成することができます。
      複雑な組み合わせとかはまだ見ていないのでわからないですが、とりあえず PWMを出したり、あるいはポートのON/OFFなんかも簡単ですね。

      ◆ROM領域だとポインタが使えない
      テーブル参照はできるので、配列は使えるのですが、それをポインタでアクセスするということができません。

      ◆RAMがブロックを意識しなくてもよい
      PIC18になってから RAMのアクセスに256バイトを意識しなくてもよいみたいです。

      ◆コンパイラ意外と賢い
      コンパイラはANSI-Cに準拠していなくて、PICマイコンに最適化しているように感じます。intが8bitだったり、shortが1bitだったりして、他のマイコンのソース移植しようとすると結構大変。しかしながら、なかなか賢く、速いと感じました。(客観的な数値は無いので、体感ですけど)

      H8で育った私は、PICマイコンは意識して避けてきたこともあり、自分はあまりいい印象を持っていなかったのですが、結構使えると感じました。小さい案件ならばPICマイコンを選定してもいいかなと思います。

      また、初心者が初めてマイコンを使うとしたら、PICマイコンはオススメしてもよいかな。。

      PICマイコンは小ロットでも入手性がよくて安い。ディスコンが無いということが特徴かと思います。

       
      | ビーコン菅原 | PICマイコン | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
      CCSコンパイラのインストールについて
      0
        CCSコンパイラのインストールですが、administratorでしかインストールできません。


        Administratorではない管理者アカウントでWindows7でインストール作業しました。インストールボタンを押しても、数秒で再びインストールのボタンが表示されます。

        そこでアカウントをAdministratorにログインし直し、インストールすると、絶好調にインストールされました。

        Windows7ではAdministratorアカウントが表示されなかったりするのですが、以下の手順でAdministratorを表示させます。

        http://apple-voice.com/wordpress/2010/04/windows-7-how-to-enable-administrator/
        Windows7でAdministratorアカウントを表示する方法

        ついでにMPLABもインストールしておくといいです。





        JUGEMテーマ:組み込み開発

         
        | ビーコン菅原 | PICマイコン | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        + RECOMMEND
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + つぶやき
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE