西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< アルファプロジェクトのボードでマイコン交換 | main | 音名と周波数(Hz)一覧 >>
RN52は今のところA2DPでsinkしか対応していない。
0
    Bluetoothのモジュールなんですけど、組み込みで使うのは SPPモードが多いです。
    音声を送ることができるモジュールというと数が限られてきますが、

    MicroChipの RN52というデバイスがなかなか使いやすいです。

    RN52のURL
    http://www.microchip.com/wwwproducts/Devices.aspx?product=RN52

    評価キットのURL
    http://www.microchip.com/Developmenttools/ProductDetails.aspx?PartNO=RN-52-EK

    このモジュールだけで、マイコンなど外部コントロール不要で、いきなり使えます。
    評価キットもほとんど何もしなくても使えました。簡単すぎ。。

    ただし注意時点として A2DPのカタログでは source/sink両方で使用可能と書いていますが、2014年4月の時点で
    source モードは対応していません。sinkのみです。
    将来のFirmwareで対応するとのことらしいです。

    普通はbluetoothオーディオ機器というと、外付けスピーカーが多いと思います。そういう誰もが使いそうな用途では大丈夫ですが、逆向きに流すことかできません。

    補足
    HSP/HFPには対応しているので、音質を気にしなければ、送る事はできます。



    JUGEMテーマ:組み込み開発

     
    | ビーコン菅原 | 組み込み開発 | 00:08 | comments(3) | trackbacks(0) |
    RN52SRC v1.00 Firmware

    http://ww1.microchip.com/downloads/en/DeviceDoc/RN52SRC%20v1.00%20Firmware%20Release%20Notes_Dec2015.pdf

    を書き込めば A2DP-SRC になりそうです。

    少し前に Microchip Web をチェックした時は、
    rn52src-i_rm100.dfu
    がアップされていたのですが、今(2018/05/31)探してみる引っかからない。なぜ?

    | JJ1 | 2018/05/31 10:18 AM |
    ありがとうございます。

    マイクロチップのサイトのトップページで
    rn52src-i_rm100.dfu
    を検索すると引っかかり、ダウンロードもできました。
    なぜかリンクがなくなっているようですね。

    https://www.microchip.com/search/searchapp/searchhome.aspx?id=2&q=rn52src-i_rm100.dfu
    | ビーコン菅原 | 2018/05/31 4:26 PM |
    ここにありました。

    http://ww1.microchip.com/downloads/en/devicedoc/rn52src-i_rm100.dfu

    2018年5月31日現在
    | ビーコン菅原 | 2018/05/31 4:27 PM |









    http://blog.suga41.com/trackback/270
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE