浜松市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い発見などを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< サンハヤト HSK-200 『はんだシュッ太郎』 45W | main | nRF51のサンプルソースは内部クロックに設定されている。 >>
豆電球をLED式に換える
0
    JUGEMテーマ:電子工作

    雛飾りの雪洞、電池式の豆電球ですが、つくりが悪く、スイッチが入れにくいのでつけないことが多かった。
    豆電球からLEDに換えた工作の記録。


    E10 という口金サイズのものが豆電球と互換性があります。

    アマゾンで購入。。
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B009DAGXN6/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1


    今回は雪洞なので電球色を選定。
    LED豆電球は 真ん中がプラス 周囲がマイナスになる。これが一般的な豆電球との違いとなる。



    こんな感じで、底面に電池ボックスが接着剤でくっついているので、力づくで取り外します。



    赤がプラス側
    緑がマイナス側


    秋月のコイン電池電源キット
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-06630/

    を使います。
    赤を+ 緑を- にハンダ付け
    雪洞の底に入るように四隅をニッパでバリバリと割って、現物あわせで入れていきます。
    あまり割りすぎると引っ掛かりがなくなるので、そうなったら接着剤で貼り付ける。
    今回は接着剤なしで無理やり押し込む形で収まった。


    なんとか 3月3日に出来上がり。。
     
    | ビーコン菅原 | LED照明 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.suga41.com/trackback/318
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE