西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< デバッガにアルミ箔を巻いたら正常に動いた | main | TPC2013で抵抗式タッチパネルはクロックを落とすとうまくいった。 >>
MSP430x2シリーズの LFXTは 速いクロックはつけられないものがあるので注意が必要
0
    JUGEMテーマ:組み込み開発
    手作りで実験回路を作る必要があり、勘違いしていてはまったのでメモ。

    MSP430x2シリーズでは 水晶振動子か 1つしかつけられないものと 二つつけられるものがある。
    ひとつしかつけられないものでは 水晶振動子を何をつけてもよいかというとそうでもない。

    今見ている MSP430G2X53 MSP430G2X13 では 32.768KHz の水晶振動子しか接続できない。
    外部からクロック入力する場合でも 10K〜50KHz の範囲しか許容されていない。

    DCOでは精度が出ないので 16MHzの水晶振動子XOUT,XIN に接続して、高精度で動かしたいと思ったが、どうにも動作がおかしい。。CCCのペリフェラルのウィンドウで BCSCTL1.XTS が0のまま動かなくて、調べたらこういうことだったとわかりました。

    「LFXT1 は、HF モードをサポートしません」と書いてあるデバイスは使えないということですね。
     
    | ビーコン菅原 | MSP430マイコン | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.suga41.com/trackback/325
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE