浜松市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い発見などを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< SamacSysでパーツのデータを作ってもらう | main | UB-ARD01 は Rev3にピンが足りない >>
RL78とE1の接続で、CS+で設定しておくこと
0

    Renesas の RL78は NECのマイコンを先祖に持っていると言える。

    躓くことがあったのでメモする。

     

    まずは、新規プロジェクトを作ると デバッグツールが

    RL78シミュレーターになっている。

    オンチップデバッガーで動いていると勘違いすることが多くて、ポートをON/OFFのプログラムを書いても実物のポートではON/OFFしないなどとはまることがある。

    これを

    RL78シミュレータから

    E1 などのデバッグツールに変更しないといけない。。

     

    つぎに、よくあるのが、以下のようなメッセージ。

     

    [エラーの直接原因]
    オンチップ・デバッグで使用する予約領域への書き込みはできません。(address: 0x00000002)(E1203124)

     

     

     

    RL78の場合、E1を接続したときに使用するメモリをリンクの時に空けておかないといけない。

    ビルドツールのリンクで デバイス→デバッグモニタ領域を設定する。を「はい」にする。

    新しい案件でも マイコンが同じだと、以前のプロジェクトを流用したりすることも多いので、

    プロジェクトの新規作成の機会は意外と少ない。

    以前にも躓いて、今回も躓いてしまったのは情けない限りだが、やっぱり次も忘れて躓くかもしれない。

     

     

    ◆追記 2017.09.17

     

    E1 (オンチップデバッガー)を使用する場合、コード生成で オンチップデバッグ設定 オンチップデバッグ動作設定を使用する

    とすると、最適な値に自動設定されるようです。

     

     

     

     

     

     

    | ビーコン菅原 | Renesas RL78 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.suga41.com/trackback/365
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE