西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< nRF のスタックの指定について | main | 3Dプリンタのすばらしさ >>
【反省】はんだシュッ太郎は使ったらメンテナンスしなくては
0

    以前はんだシュッ太郎のことを書いた。

     

    いわゆるシュッポンとか、電動のハンダ吸い取り機、ハンダすいとり線とか、ハンダ除去の手段があるけど、スルーホールならばはんだシュッ太郎が一番だ。

     

    ところが、このまえ、はんだシュッ太郎でいくら頑張ってもスルーホールに入っているはんだが吸い取られない事態が発生。

    よく見るとはんだシュッ太郎の吸い取り穴がふさがっていているではないか。。

     

    掃除用針金でつついてみたけれど、うんともすんとも動かない。これでは吸い取るわけがない。。

     

    はんだシュッ太郎のコテ先を買おうとインターネットを見ると、はんだシュッ太郎NEO になっているではないか。

    HSK-300 だw 。コテ先も変わったということなので新品を購入することとした。

     

     

    はんだシュッ太郎と掃除用針金

     

    はんだシュッ太郎唯一の弱点はニクロムヒーターということで 温まるのが遅いのと温まると熱すぎることだ。おおよそ 400℃ぐらいになるのではないかと思う。それなりに熱容量は必要だけどこんなに熱いと基板を痛めやすいことは確かだ。

    400℃あたりで長時間通電していると、酸化したハンダや部品のリード、基板の銅箔なんかが詰まってしまうのではないかと思う。

     

    そこで、使う前、使うあとは掃除用針金を通して万全な体制で臨みたい。(反省を込めて)

     

     

    JUGEMテーマ:電子工作

     

    | ビーコン菅原 | 快適な作業 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.suga41.com/trackback/382
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE