西東京市にいる組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログはビーコンの代表である菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< 1個$1.05 UP mini2 ESの互換ノズル | main | ノイズのことはノイズのプロだな >>
UP mini2 ES セルボード作ってみた
0

    JUGEMテーマ:3Dプリンタ

     

    UP mini2 ESのセルボードについて、純正を買うとちょっと高い。

     

    よく見ると、プリント基板と同じような材質じゃねって思って、中華激安基板メーカーで作ってもらおうと考えた。

     

    KiCADでこんな感じでつくる。

    今回は基板に穴だけ。当然配線はない。

     

    普通の基板よりドリル穴がやたらと多いが、大丈夫か心配になる。

     

    なんとかガバーデータを作り上げてElecrow にオーダーをかけてみる。

     

    最初は失敗したが、もう一度送りなおしたらなんとかオーダーが通った。

    試しなので 5枚をオーダー。送料は一番安いのを選ぶ。全部で $50ぐらいだった。一枚当たり $10

     

    注意点は 2.0mmの基板を選ぶこと。セルボードは2mmになっているので、これだけは守らないといけない。

    シートを張ることを考えている場合は、シートの分をマイナスして 1.6mm等でもよいかもしれない。

     

     

     

     

    オーダーの後、データにパターンがないけど送ってくれというような問い合わせがきた。そりゃそうだろう。

    3Dプリンターのステージに使うことを説明したら納得していた。

    それにしても 穴の数がめちゃ多いので、ドリルの時間がめっちゃかかるんじゃないだろうか

     

    1/7にオーダーして 1月の末に届いた。

    まあ、遅いが気にしない。

     

    左が本物。右がオーダーしたセルボード

     

    普通に使えましした

     

    これで、大体半額ぐらいで同等のものが用意できることになる。

    5枚あるといろいろと便利だろう。

     

    もしもガバーデータが欲しい人がいたら連絡ください。

    | ビーコン菅原 | 3Dプリンタ | 15:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
    コンパクトな3Dプリンタを求めていてブログに辿り着きました。
    UP mini2 ESのレビュー感激しました。
    そして、勢いでポッチってしまいました。

    セルボードまで作成されるって凄いですね!
    僕にはスキルがないので、ガーバーデータをいただけたら嬉しいです。
    よろしくおねがいします。
    | taro | 2019/04/02 9:22 AM |









    http://blog.suga41.com/trackback/396
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE