高田馬場の組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログは令和デバイス株式会社の菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< リセットに割り当ててある P0.21を GPIOとして使う | main | CS+から Visual Studio Code でファイルを開く >>
リフローで実装するスルーホール部品
0

    JUGEMテーマ:組み込み開発

     

    具体的な型番はちょっと差し控えますが、最近引っ張りなどの耐久性向上を目的として 表面実装の端子を持っている部品でスルーホールで補強するようなコネクタが出てきた。

     

    こちらで基板設計するときには 機械実装で そのコネクタの面実装の端子部分を実装して、あとからスルーホール部分を手でハンダするかと思っていました。ところが違っていて、スルーホール部分も メタルマスクの孔を用意しておいて、リフローするとちょうどいい具合にスルーホールにハンダが逃げるそうだ。

     

    メーカーから実装するための推奨メタルマスクパターンの通りにメタルマスクを用意することが必要。

    | 令和デバイス-菅原 | 部品調達 | 07:53 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE