高田馬場の組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログは令和デバイス株式会社の菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。
やっぱり、電子工作が好きなんですよ。
<< RS485 信号線のノイズ除去について | main | AVRマイコンを試してみたいと思う >>
nRF52 HFXOを使う
0
    nRF52 では 高速クロックとして、32Mhz水晶振動子または、オンチップオシレータを選択できる。

    普通にNordic提供のサンプルソースだと オンチップオシレータに設定されている。 何もなければこれでもいいんだけど、正確なタイミングで処理したいことがある場合、精度が±1.5% なので、使い物にならない。 そこで sd_clock_hfclk_request(); をコールすることにより、水晶振動子に切り替えられる。
    | 令和デバイス-菅原 | nRF5x Nordic | 14:54 | comments(0) | - |









       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    + RECOMMEND
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + つぶやき
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE