高田馬場の組み込みおやじ-電子工作、回路設計、ファーム TIPS

このブログは令和デバイス株式会社の菅原が、電気電子、電子工作、組み込みソフトウェアなどで、自分が苦労したところや面白い気づきなどを記事にしていきます。電子工作やマイコンに親しむ人が少しでも増えたらという思いでつづります。

組込開発、電子回路設計製作、試作開発など令和デバイス(株)で承ります。
http://reiwa-d.com

03-6908-6697
RS485 信号線のノイズ除去について
0

    マイコンから RS485(MODBUS/RTU)で 三菱のサーボアンプを制御している。

    三菱のサーボアンプはなかなか高機能= レジスタが多く制御するには結構手間がかかった。

     

    それはさておき、電源投入直後サーボOFFすると通信できるが、サーボONすると途端に通信が不安定になる症状がでた。

     

    RS485ラインを確認すると以下のようなオシロ画面になった。

     

    サーボOFF状態サーボOFF状態

     

     

     

    サーボON状態サーボON状態

     

     

    通信レートは 115.2KBps 。このままではノイズにより通信エラーが多発して、通信がままならなくなる。

    これも通信ケーブルを変えたりすると改善することもある。

     

    以下のように コモンモードチョークコイルを入れることにより改善した。

    これでほとんどエラーが出ることがなくなった。

    以下に回路例を示す。

    RS485用のコモンモードチョークコイルというのは検索しても出てこない。通信速度にもよるけどCAN用のものを使えば大丈夫であろう。

    今回評価したものは DLW42SH101XP2 というもので、そのほかACT45B-510-2PもCANによく使われているので、有効と思われる。

    もっと遅い通信速度の場合で、乗ってくるノイズも低い場合にはサイズが大きなものになってくるだろう。

    LPFで対策

     

    コモンモードチョークコイルだとちょっとコストがということであれば抵抗とコンデンサでLPFを組んでも効果がある。

    除去するノイズの周波数にもよるけど、今回は 10Ω の抵抗と 0.01uF のコンデンサで組んで カットオフ周波数が 1.5MHz程度。これで三菱のサーボアンプには効果があった。

    LPFで対策

     

     

    | 令和デバイス-菅原 | 組み込み開発 | 11:46 | comments(0) | - |
    RB521S30T1G について
    0

      JUGEMテーマ:組み込み開発

       

      安くて小さいのでよく使っている RB521S30T1G について

      二つのバッテリーのプラスにそれぞれ RB521S30T1G をいれてVCCにするような回路を作った。

      バッテリーは LIPO バッテリーを使っている。

      両方のバッテリーを接続すればVCCに電圧が流れるが、片側のバッテリーを外すとVCCに電圧が現れないことがあった。

      詳しく調べたいが、時間がないので、とりあえず記録だけしておく。

       

       

      | 令和デバイス-菅原 | 組み込み開発 | 16:31 | comments(0) | - |
      KiCDのライブラリから D2CADの部品に変換する
      0

        githubに KiCDのライブラリから D2CADの部品に変換する ファイルがあったので共有する。

         

        [Python3] KiCAD の lib や schのWire部分をD2CADのLineとPinに変換する
        https://github.com/reiwyt33/py_conv_kicad_to_d2cad


         

        | 令和デバイス-菅原 | 組み込み開発 | 10:51 | comments(0) | - |
        CS+のプロジェクトにドキュメント登録しておくと便利
        0

          JUGEMテーマ:組み込み開発

           

          CS+でなくてもほとんどのの統合開発環境でできると思うけど プロジェクトにはビルドに関係ないファイルも登録できる。

          こんなふうに

          PDFとか word,Excel,Text 等なんでも登録、ダブルクリックするとそのファイルを開くことができる。

          ビルドに関係しないファイルは無視してくれる。

          マイコンやデバイスの仕様書、回路図、部品表や仕様書など登録するようにしている。

          地味に便利です。

           

           

          | 令和デバイス-菅原 | Renesas RXマイコン | 07:04 | comments(0) | - |
          ACアダプタ用電圧電流計
          0

            JUGEMテーマ:電子工作

             

            Facebookでも公開したけど、こちらにも載せておきます。

             

            ACアダプタを電源とする装置があり、製品検査用にDCの消費電流をしたいと思った。

            DMMだったりテスターで測定する方法もあるけれど、毎回配線するのが面倒だ。

            精度に関しても 良品との比較ができればいいので精度は問題にしない。

             

            秋月電子でDE-2645-05RR という デジタルメーターがあったのでこれを使うことにする。

            電源は4.5V〜24V となっていて、配線により 測定したい電源からもらう方法と別電源からもらう方法がある。

             

            ACアダプタ電圧電流計

             

            もちろん、別電源にすると面倒が多いので 測定対象の電源からもらうこととする。

            この時点で 測定する電源電圧は 4.5V〜24Vに絞られてしまうが、範囲外の電圧で測定することも少ないし、電源が無いことのメリットの方が大きい。

             

             

            ACアダプタ電圧電流計裏から

             

            両端子はACアダプタにしているので、この電流電圧計のつけ外しが容易なのもよい。

             

             

            配線図を以下に示す。

            簡単な配線だけど、いざ設計しようとすると結構混乱する。

            DCジャック、DCプラグ (要はオスメス)を間違えないように注意する。

             

            電圧電流計回路図

            ◆DE-2645-05RRのスペック (秋月電子からの転載)

             

            ・表示:3桁赤色LED×2段、文字高さ7.1mm
            ・動作電源電圧:DC4.5V~24V(消費電流:約20mA)
            ・直流電圧測定範囲:0~100V(99.9V)、測定誤差:±0.5%±2dgt、分解能0.1V
            ・直流電流測定範囲:0~1A(999mA)、測定誤差:±1%±3dgt、分解能1mA
            ・オーバーレベル(レンジ):OL表示(電圧:100V超過時/電流:1A超過時)
            OL表示が出た場合には、安全のため直ちに測定を中止してください。
            ・使用温度/湿度範囲:-10~+55℃/80%以下(結露なきこと)
            ・分流(シャント)抵抗:50mΩ(0.05Ω)、A+とCOM間に入っています。
            ・外形寸法:31(W)×50(L)×20(H)mm ・パネルカット寸法:26.5×45.5mm
            ・質量:100g(ケーブルを除く)

             

            DE-2645-02 にすると

            測定電流の範囲が 0〜9.99Aになる。配線は同じ

             

             

            | 令和デバイス-菅原 | 電子工作 | 17:38 | comments(0) | - |
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>
            + RECOMMEND
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + つぶやき
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE